オイルは料理に化粧品に石鹸に

石鹸というのは、作る過程で何かしらのオイルが必要になります。このとき、ただの油ではなく美容効果や保湿効果の高いオイルを使うことによって、より肌にいい洗顔石鹸を作ることができます。自分でできる手作り洗顔石鹸なら、サラダ油、オリーブオイルあたりがメジャーな油です。市販されているものでは、オリーブオイルをはじめとして、アボカドオイル、ホホバオイルなどがあります。天然オイルだらけですが、馬油を利用しているものもありますよ。

このなかでアボカドは保湿力あってみずみずしい、といわれても納得できます。オイルとして組み込んでも、もちまえの潤いキープで、各種のビタミンを肌へと補給してくれます。加えて古くて硬い角質を柔らかく柔軟性のある肌へと変えてくれます。乾燥が特に気になる人へオススメです。一方ホホバオイルは、まんべんなく高い保湿効果を持っています。ホホバ自体に、紫外線を防いでくれる作用があります。オールマイティに対応できるので、入っている分には悩む必要がありません。どれか一種類だけのオイルを使った石鹸もあれば、複数混ざっている洗顔石鹸もあります。効果が相殺されることはないので、肌を気にするなら種類豊富を理由に選んでみてもいいですよ。

注目の記事